名古屋市内にある守山区の魅力について、詳しく解説するサイト『名古屋市の守山区』

●●●守山自衛隊前駅●●●

【下町風景】

守山自衛隊前駅は、駅前に下町風景が広がりとても情緒があります。
守山区は長細いため、それぞれの場所で全く違う表情を見せるのも魅力です。
駅の周辺には商店やスーパー、飲食店が立ち並び、名古屋市内とは思えない風景です。

【廿軒家神明社】

守山自衛隊前駅の南側に廿軒家神明社があります。
このあたりはかつて犬山城主だった成瀬家の領地でした。
廿軒家神明社にはタヌキと龍が同居しています。
境内にはタヌキの像が祀られており、そして境内には立派な像のある龍神社があります。

【旧守山市の名残】

ガイドウェイバスの守山駅の横に、守山生涯学習センターがあります。
そこの入り口脇には、1963年に名古屋市と旧守山市が合併したことを記念に作られた、
「名守合併記念碑」があります。
名古屋市はたくさんの市町村と合併して現在の形となりましたが、他の市と合併したのは
この守山市との合併だけです。
名古屋市にとっても、この合併は大きな意味があったのでしょう。

【PR】名古屋の業務用エアコンのメンテは名古屋で
業務用エアコンの修正・工事・販売・メンテナンスは名古屋市天白区のカワモ。
http://kawamo-aircon.com/

【白山神社】

境内に白山保育園もある白山神社は、小幡白山古墳の上にあります。
ここにはかつて愛宕社だけがあり、周囲にあった白山神社、神明社、諏訪社が1901年に
合祀され、現在ではここに鎮座しています。
社伝については、815年に編纂された古代氏族名鑑「新撰姓氏録」によると、欽明天皇の
皇子である小墾田王がここに住んでおり、その王が創建したと伝えられています。
小幡という地名はこの小墾田を由来としているようです。